Read Article

【Safari】Macユーザーへお知らせ、Safari最新版は「10.0.1」消えたはずのあのオプションが…

【Safari】Macユーザーへお知らせ、Safari最新版は「10.0.1」消えたはずのあのオプションが…

Safari 最新版情報


バージョン 10.0.1

2016年10月24日、Safari 10.0.1 のセキュリティアップデートがリリースされています。

対象OS
  • OS X Yosemite v10.10.5
  • OS X El Capitan v10.11.6
  • macOS Sierra 10.12



Safari バージョンナンバーの確認

「Safari」メニュー「Safariについて」から確認できます。
aboutsafari

macOS Sierra 10.12.1にアップデートしたら


利用している「ESETセキュリティソフト」が macOS Sierra に対応し、OSも「Sierra」にアップグレード、さらには10.12.1へアップデート。
何気なく環境設定パネルを開くと、そこには消えたはずのあのオプションが…
safari1001%e7%92%b0%e5%a2%83%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e8%a9%b3%e7%b4%b0

新しくなった Safari 10
(以下、2016.9.22投稿、OS X El Capitan環境)


Safari 9 から移行してみると使い勝手が変わってしまっている部分も、

Safari 9 では「これより小さいフォントサイズを使わない」の設定により画面の見易さを改善していました。Safari 10 では、この設定の代わりに「ページの拡大/縮小」という設定になったようです。
safari10%e7%92%b0%e5%a2%83%e8%a8%ad%e5%ae%9a_%e8%a9%b3%e7%b4%b0

「表示」メニューからも拡大/縮小できます

「表示」メニューの

 ・拡大(⌘+)
 ・縮小(⌘ー)

を使ってもできます。

でも、これだとページ全体が拡大/縮小されてしまいます。

そこで、
「表示」メニューを開いて[option]キーを押してみると、

 ・拡大 → 文字を拡大
 ・縮小 → 文字を縮小

に代わり、文字だけ拡大/縮小できるようになります。
裏技ですね(^ ^)


Safari9の旧オプションを利用する方法もあるようです

こちらは「ターミナル」ユーティリティを使って OS X のカーネルを操作する方法なので、Mac初級者にはハードルが高いかもしれません。

自分の使い方にあった方法で、進化した Safari 10 を使いやすくする工夫をしてみましょう。


Safari を最新版に保つには


Safari は OS X に付属するアプリケーションのひとつです。

使用している OS X を最新の状態に保つことで Safari を最新に保つことができるようです。


  • Mac App Store から最新バージョンの OS X をインストールする。
  • Safari および OS X の利用可能なアップデートをすべてインストールする。


ソフトウェアは常に最新版への更新


「安定・安全」な状態を維持するよう
心がけましょう!



URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top