Read Article

【Apple TV】エンタメコンテンツのマルチメディア端末+実用性を備えた「ホームデジタルハブ」をめざせ!

AppleTV-4G_Remote-PRINT

Apple Online Store Apple TV


価格改定情報

  • Apple TV 32GB:18,400円 → 15,800円

  • Apple TV 64GB:24,800円 → 20,800円


9月7日のAppleイベントで、

「スーパーマリオ・ラン」の配信について発表がありました。




任天堂の宮本茂氏が登壇しました。


Apple - September Event 2016

年内リリース予定とのこと、

楽しみですね。



私は「tvOS」版への対応を密かに楽しみにしているのですが、
さてどうでしょうか。

iOS版ほどの需要はないかもしれませんが「Apple TV」も世界的に展開されている商品の一つであれば、そのプラットフォームへ日本のゲームコンテンツの象徴でもある「マリオ」を売って行く価値はあるのではないでしょうか。


Apple TVでできること


映画を観る、ドラマをみる、ライブを観る、アニメをみる。
Jリーグ・MLB・NFL・NBA・NHLを観戦する。
ゲームを楽しむ、音楽を聴く、写真を楽しむ。

最近では「Apple Event」視聴用のアプリも提供されているので、毎回TVの大画面でAppleの発表を楽しんでいます。

私は、無料で利用できる「YouTube」を思いっきり楽しんいます。YouTubeにアップロードされている動画も高画質になり、大画面で楽しめるミュージックビデオなどが多くあります。




Siri Remote

「Siri」による音声操作、「Touchサーフェス」でのタッチ、スワイプ操作が新しい操作機能です。

AppleTVのリモコンは正直言って「使いにくい」と感じます。
文字入力は最悪なので、iOS「iTunes Remote」アプリを使ってiPadから操作しています。さすがApple、シームレスな連携プレイはとても心地いい。

・iPad:iTunes Remote - Apple
・iPhone:Apple TV Remote - Apple

AirPlay

Mac、iPad、iPhone、iPod Touchの中のコンテンツを、TVの大画面へ映し出すことができます。

私は動画コンテンツの視聴にAmazon「プライム・ビデオ」を利用しています。残念ながらAmazonの動画コンテンツを視聴するためのAppleTVアプリはないので、iPadのアプリで再生しAirPlayでAppleTVへ映し出しています。Appleデバイス同士の連携はやはり気持ちよく使えます。

Amazonプライム・ビデオの詳細についてはこちらの記事から

任天堂・DeNAの提携+Apple TVでスーパーマリオが再燃か!?




このコラボで App Store へゲームが提供され、ふたたびテレビ画面で「スーパーマリオ」をプレイできるようになったらいいですね。

しかし、エンターテインメント用途だけではこれまでの「PlayStation」「Xbox」「Wii」などのアミューズメント機と大差ないものになってしまうのではないでしょうか。


HomeKit を搭載し、実用性を備えた「家庭向けデジタルハブ」となれるか!


「HomeKit」についてはまだ理解が浅いのですが、デバイスと家電をつなぐための仕掛けと考えたらよいでしょうか。

照明機器の調光など、わかりやすい例でしょうか。



「HomeKit は、iOS 8 から利用できるようになった、iOS デバイスと家電をつなぐための機能を提供するフレームワークです。具体的には Bluetooth などの技術を利用して iOS デバイスとハードウェアを通信し、リモコンのように家電を操作することができます。また Siri との統合も可能です。」

[iOS 8] HomeKit 対応アプリを作ろう (1) 概要 | Developers.IOより




あとがき


WWDC 2015の前にはこんなことを思っていたようです。

個人的な要望として、AirMac Extreme などの Wi-Fi 機能を取り込んで欲しいと感じています。

いま私が使用しているAirMac Extremeは 802.11n 仕様ですが、MacBook Proでは 802.11 a/b/g/n/ac と最新規格まで対応しています。

そろそろ、さらに高速な「ac」を体験してみたいとも考えていますので、Apple TVにWi-Fi機能がプラスされたら買ってしまうかもしれません。

まさに「ホームデジタルハブ」として相応しい機能だと思いませんか。

Apple製品のラインナップもシンプルになると思います。

AppleTV と AirMac を統合するのはどうかとも思いますが、記事内で紹介した Remoteアプリや AirPlay などのシームレスな機能連携はとても便利です。これからは機器同士の連携をホームオートメーションとして展開して行く時代なのではないでしょうか。

【キーワード】Iot



新しい Apple TV を楽しもう。





おまけ情報


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top