Read Article

【OS X】Apple Music を通知センターでコントロールしよう

【OS X】Apple Music を通知センターでコントロールしよう
サービスインして間もない Apple Music
評価はさまざまなようです。

私個人的には「好感触」といった印象を持っています。
自分ライクなアーティストも新たに発見でき、音楽と触れ合う機会も増えています。

楽曲配信数はまだ十分というわけには行きませんが、これからの展開に期待したいと思います。

Apple Music のスタートに合わせて iTunes も新しくなり、自分のライブラリを管理するマイミュージック、iTunes Store、そして新たに加わった Apple Music のさまざまなコンテンツと統合され、一つのアプリケーションで音楽を楽しむことができるようになりました。
iTunes122


通知センターでプレイリストをコントロール


音楽を聴きながら作業をしたりしているときなどに、
次の曲へ飛ばしたい、さっきの曲をもう一回聴きたいなど、ちょっとした iTunes のオペレーションをしたいときってあるんですよね。

そんな時は、iTunes へアプリを切り替えて前へ次へってやるの面倒ですね。

アプリを切り替えずに iTunes オペレーションできたら便利ですね。

通知センターのiTunesコントロールを利用すれば作業中のウィンドウのまま iTunes の操作ができます。

通知センターの表示は、メニューバー最右端の通知センターアイコンをクリックすれば表示することができます。
通知センターアイコン

通知センターを開くとこのようになります。
通知センター2
純正の iTunes コントロールパネルでは「前へ・再生・停止・次へ」の操作ができるので、これだけでも十分活用できると思います。

AppStoreでは「MiniPlay」というウィジェットが提供されています。

このアプリを使うと通知センターにも登録できるようになります。

「前へ・再生・停止・次へ」の他に、ボリューム調節も可能です。
再生中のアートワークが表示されるのがちょっと嬉しいですね。

これでアプリを切り替えなくても簡単に iTunes の操作をすることができるようになりました。


あとがき


Apple Music の「For You」で紹介されるプレイリストなどではアートワークが取得できないようです。自分で作成したプレイリストであればアートワークは表示できるようです。

以前、再生中の曲を Twitter にツイートする「Share Tunes」というMacアプリを紹介したことがあります。

このアプリでも Apple Music で提供しているプレイリストなどではアートワークが表示されないため、同様なアルゴリズムで取得するようになっているのでしょうか。

P.S.
流れている曲は「Maybe Tonight / Eric Bellinger」でした。

追記 1
Radio の「特集ステーション」では、Share Tunes にアートワークが表示されることを確認しました。
iTunes

MiniPlay では「特集ステーション」も取得できないようです。


Shere Tunes


通知センター


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top