Read Article

【el plano重要事項】新ライセンスシステムへのテーマのアップデートについて(後編)

【el plano重要事項】新ライセンスシステムへのテーマのアップデートについて(後編)
こちらの記事では、

の後編を掲載しています。

【el plano重要事項】新ライセンスシステムへのテーマのアップデートについて(前編)【el plano重要事項】新ライセンスシステムへのテーマのアップデートについて(前編) | 気まぐれデジタル好奇心 WP

 

【重要】既存テーマから新ライセンス対応テーマへのアップデート


 
Step 1. DigiPressのメインサイトに既存のアカウントにてログインする

すべてのユーザーのアカウントは、「新ユーザーズサイト」移行しているとのことです。

まずは移行先の「新ユーザーズサイト」に、既存アカウントで正常にログインできることを確認しましょう。
メンバーログイン | DigiPress

 

Step 2. 購入したテーマの履歴情報確認&所有テーマの申告

新ユーザーズサイトの「マイアカウントページ」に、購入済みのテーマを関連付けるために、購入し所有しているテーマの申告を行う必要があります。

申告の際には購入証明となる情報が必要になるので、決済サービスの取引ID、決済IDが不明な場合は、購入時のメールアドレスや氏名、その他履歴が確認できる何らかの情報を知らせる必要があります。
【重要】新ライセンスシステムへのテーマのアップデートについて | DigiPress 21


申告した内容が確認・処理されると、下記のようなメールでライセンス情報が届きます。

「マイアカウントページ」で、ライセンスの確認とダウンロードが行えるようになります。
【DigiPress】商品情報・レシートのご連絡 - kazuyoshi.katano@gmail.com - Gmail

 

Step 3. アカウントページにて所有テーマを確認

「マイアカウントページ」の「購入履歴」の欄に、購入したテーマが表示されるようになりました。
マイ アカウント | DigiPress

ライセンスキーの確認をクリックします。
 

Step 4. 所有テーマのライセンスが有効であることを確認

この画面で「ライセンスキーが確認可能」
状態が「未認証」、認証数が「無制限」であることを確認します。
マイ アカウント | DigiPress-2

Step 3の「購入履歴」画面に戻り「詳細とダウンロードプロダクトを閲覧」をクリックすると、ダウンロードリンクが表示されます。ここから新ライセンスに対応したテーマをダウンロードしましょう。
購入確認 | DigiPress


 

Step 5. テーマのアップロード&ライセンス認証

新しいテーマのアップロードに際して注意事項があります。
作業は手順をよく読んでから行いましょう。

自前でアップロードしたヘッダー画像、タイトル画像、背景画像がある場合、一旦ローカル環境に保存しておく必要があります。



「新ライセンス対応のテーマ」へ移行する今回のみ、従来通りFTPでWordPressのテーマフォルダへアップロードします。

Cyberduck_ICNFTP転送ツールですが、
私は「Cyberduck」というソフトを利用しています。
簡単に使えるので重宝しています。



インストール後「DigiPressビジュアル設定画面」を開くと、ライセンス未認証のお知らせが表示されます。
DigiPressビジュアル設定 ‹ 気まぐれデジタル好奇心 WP — WordPress

解説ページに従ってライセンス認証を行いましょう。

ライセンスの認証が完了すると、
メニュー「外観」→「テーマライセンス認証」画面に緑色の文字で「認証」と表示がされ、認証されたことが確認できます。
Theme License ‹ 気まぐれデジタル好奇心 WP — WordPress-2

 

Step 6. 重要【初回のみ】新テーマのセットアップ(アップロード済み画像の移行)

新ライセンス対応のテーマは、自動生成されるオリジナルCSSファイル(visual-custom.css)とヘッダー画像などのイメージファイルのアップロード場所が従来とは異なるため、既存テーマから初めてバージョンアップするときのみ、確実に環境を移行するために以下の作業が必要となります。
以後、新ライセンス対応のテーマとして今後アップデートする場合は、WordPress管理画面から自動アップデートを行ってから従来通りDigiPress管理画面にていずれかの「設定を保存」ボタンを1回だけ実行してください。

今後もテーマアップデート時には、設定を保存するための空操作が必要ってことでしょうか。

それから、初回移行時に限って「タイトル画像、ヘッダー画像、背景画像の移行」が必要のようです。

現時点で今までと異なっている点ですが、
  1. 「ヘッダー画像」が表示されていません。

  2. 「文字サイズ」が小さくなっています。
    私は文字サイズを大きく設定していましたので、デフォルトの設定になっているものと思われます。

気まぐれデジタル好奇心 WP

これまでテーマアップデート時には「設定を保存」ボタンを空クリックしてユーザー設定を引き継いでいましたが、今回もこれを実施することで「文字サイズの設定」は引き継ぐことができました。

しかし、「ヘッダー画像」は注意が必要のようです。
アップデート手順の解説にも記載がありますが、
  1. 自前でアップロードしたヘッダー画像、タイトル画像、背景画像がある場合は一旦ローカル環境に保存しておく。

  2. バックアップしておいた画像ファイルをDigiPressのビジュアル設定のアップロードメニューからアップロードする。

  3. 引き続き、ビジュアル設定にてこれまで指定していたタイトル画像、ヘッダー画像、背景画像を選択して「設定を保存」する。




アップデート作業は、下記の手順をよく読んでから行いましょう。


以前アップロードしておいたヘッダー画像は、どうやら新しいテーマをアップロードした時点で失われてしまったようです。

ローカル環境のなかにファイルを持っていたので再度アップロードすることで復活することができました。


ただし、ファイル名の付け方による問題で少しつまづいてしまったので、この点には注意が必要です。

詳細については別の記事に掲載していますので参照して下さい。

関連記事



 

あとがき


本記事、前編・後編の手順により「新ライセンスシステム対応のテーマ」へ無事アップデートすることができました。

私は無料ブログから「WordPress」へステップアップしてまだ間もない初心者です。「el plano」に魅せられこのテーマを利用していますが、使いこなせているという状況ではありません。

「高機能」ということもあるのでしょうが、少しハードルが高いという印象が本音でしょうか。今回の「新ライセンスシステムへの対応」も、ちょっぴり難しかったという風に感じました。

「el plano」を使いこなせるようにもっと勉強したいと思います。



新しいテーマについてですが、
「新バージョンの自動検出と直接アップデート」の機能が大きな魅力ですね。
WordPress公式ディレクトリに公開されているテーマと同じように、テーマの新しいバージョンが公開された場合はWordPress管理画面のテーマ選択画面や更新ページにて新バージョンを自動で検出し、アップデート内容を確認することができます。

これからは手動でのアップデートは必要なくなる訳ですので、余計な手間も省け扱い易くなると思います。

やはり簡単なのがいいですよね!


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top