スポンサーリンク


Read Article

【el plano】ユーザーへ最新情報のお知らせ、el plano最新版は「1.3.8.2」

【el plano】ユーザーへ最新情報のお知らせ、el plano最新版は「1.3.8.2」

スポンサーリンク

el plano by DigiPress 最新版情報


バージョン:1.3.8.2

el plano by DigiPress 1.3.8.2
el plano by DigiPress 1.3.8.2



リリースノート


2018/10/8 : v.1.3.8.2
・[修正]ビジュアルエディター用のCSSを再度修正。
・[修正]レスポンシブ表示時に横にスクロール可能な状態になってしまう不具合を修正(CSSにbox-sizing:border-box を指定)。
・[修正]新URL(digipress.info)への対応。


2018/9/14 : v.1.3.8.1
・[拡張]headセクション内に、連携する各サードパーティのAPIのDNSプリフェッチを挿入し、ページ表示速度をさらに改善。
・[拡張]サムネイル取得処理をクラス化し、高精細ディスプレイの有無に合わせて最適な画像を返すよう刷新。imgタグの場合は、srcset属性を出力するよう改良。
→画像のアップロード時、ウィジェット用、アーカイブページ用、関連投稿用のサイズでサムネイルを自動生成させ、それらからテーマ側で最適な画像を選択可能にした。
・[更新]アップデーターモジュールを更新。
・[修正]ビジュアルエディターにて、記事分割(more)タグを挿入した場合、該当箇所がmore用の画像になるが、これがビジュアルエディター用のテーマのimgタグ用のCSSが適用されてしまうため、moreタグの画像は除外するようCSSを修正。
・[修正]Gutenberg 3.8 の仕様変更により、テーマ側のCSSがエディターに反映されなくなったため、CSSを再定義。
・[修正]その他、細かなバグ修正と最適化。

2018/9/6 : v.1.3.7.9
・[拡張]WordPress 5.0より標準エディターとなる「Gutenberg」にて、使用中のテーマのスタイル(CSS)が反映されるよう拡張。
・[拡張]コンテナエリア(上部/下部)ウィジェットスペースを、フルワイド表示にするオプションを追加。
※【ビジュアル設定】→【サイト一般表示設定】→【ウィジェットエリア表示設定】にて指定可。
・[拡張]pre タグで HTML タグやショートコードをそのまま括った場合は、テーマ側で自動的にエンティティ(特殊文字コード)に変換し、HTMLタグやショートコードを反映せず、実際のコードのまま表示されるよう改良。
・[修正]ウィジェット関連の処理をすべてクラス化。
・[修正]HTTPヘッダーの "Last-Midified"(更新日時)が正常に出力されていなかった不具合を修正。

2018/7/30 : v.1.3.7.7
・[修正]以前のアップデートの影響(wpautopおよびショートコードの実行タイミングの変更)により、プラグインやショートコードで実行しているコンテンツ内に、本来実行されないWordPressの自動整形機能によって不正なpタグやbrタグや挿入されてしまうケースがあるため、実行タイミングおよび優先度を見直し、テーマと「Shortcodes for DigiPress」プラグインのコンテンツ展開にも影響を与えないよう改めて修正。
・[修正]最近の投稿一覧(recentposts)、およびよく読まれている記事一覧(mostviewed)ショートコードを、本文またはテキストウィジェットで実行した場合、自動整形機能によってHTML構造が不正になってしまっていた不具合を修正。
・[修正]CSSの微修正。

2018/7/23 : v.1.3.7.6
・[拡張]「DP-最近の投稿」ウィジェット、「DP-よく読まれている記事」ウィジェットにて、従来の「投稿」に加えて、抽出対象を任意の「カスタム投稿タイプ」を指定できるオプションを追加。
・[修正]テーマ組み込みのショートコードの登録処理の仕様を変更。
・[修正]以前のアップデートの影響により、ショートコードの登録とWordPressの自動整形機能(wpautop)のタイミングの関係により、入れ子にするショートコードなどで正常にショートコードが展開されず、意図する箇所でないところで自動整形が行われてしまうようになっていた不具合を修正。

2018/7/13 : v.1.3.7.5
・[修正]直前のアップデートの影響により、「DP-カスタムテキスト」ウィジェットにてショートコードが実行されなくなった不具合を修正(フィルターフックの優先度の変更とウィジェット自体のプログラムを修正)。

2018/7/12 : v.1.3.7.4
・[拡張]ショートコード用の処理の全体的な変更とクラス化(※「Shortocodes for DigiPress」プラグインの次期バージョンの入力支援機能への連携のため)。
・[改良]スクリーンショットショートコードのキャプチャ画像を高精細ディスプレイに対応。その他、表示デザインの調整とブログカードライクな表示を自動化。
・[改良]QRショートコードの生成画像を高精細ディスプレイに対応。
・[改良]Googleマップショートコードにて、APIキーの指定がない場合でも、iframeタグにてベーシックなマップ表示ができるよう改良(※各パラメータは反映されません)。
・[拡張]meta name=”description” の値として指定されるテキストの最大文字数を、120から300に拡大。
・[修正]WordPressの自動整形機能の可否を設定するための関数内にて、真偽値のスペルミス(ture → true)を修正。
・[修正]トップページのコンテンツを任意の固定ページにした場合の、投稿データを受け取る変数名を変更($top_static_page)。




バージョン1.2.9.4で「pinterest」ボタンを追加

SNS連携ボタン1294
最近私はpinterestを使い始めました。
イメージをシェアする新しいソーシャルメディアですね。
見つける楽しさと、集める楽しみがいいと思います。

バージョン1.2.4.5でBootstrap機能を搭載

  • コンテンツ装飾スタイルを選択式に改良。
    ・テーマ組み込みの「オリジナル装飾スタイル」(従来)、「Bootstrap」(※アイコンは除く)、「装飾なし」から選択可能。
    ・「詳細設定」→「サイト一般動作設定」→「標準化設定」の"コンテンツ装飾スタイル"オプションから指定。
  • その他細かなバグ修正、ソース最適化。

バージョン1.2.4.5で「Bootstrap」という機能が搭載されています。

現在最もポピュラーなCSSフレームワークである「Bootstrap」をサポートしたとのことで、少しハードルが高そうですが興味あるところです。


もともとTwitter社内で使われていたものだそうです。
利用できるデザインにも興味ありますので、使い方を吸収し今後実装してみたいと考えています。

使い方など、参考になりそうなサイトを掲載しておきます。

el plano バージョンナンバーの確認


「DigiPress」メニューからバージョンナンバーを確認することができます。
DigiPressビジュアル設定 ‹ 気まぐれデジタル好奇心 WP — WordPress


あとがき


私は、DigiPressラインナップの中でも比較的初期の頃にリリースされた「el plano」を利用しています。

el plano以外にも多くのテーマが開発されており、どんどん高機能になっています。新規にDegiPressシリーズをお考えの方は、貴方にあった素敵なテーマを見つけることができると思います。

私が特におすすめしたいのは、「Shortcodes for DigiPress」
プラグインでテーマを拡張することができるショートコードです。

訪問者へ視覚的にアピールできる、さまざまな機能が魅力です。
素人が書いているブログでも、ここまでプロっぽくできるのか!
という機能が満載です。


DigiPressテーマ一覧


提供中DigiPressテーマ一覧

DigiPressテーマ一覧をみる


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top